象牙・自然素材部門

象牙ギターパーツ

一般には知られていませんが象牙にはタイプの異なる3種類の象牙がありそれらはハード材・ソフト材の2種類に分類されます。
1つ目はインド象と呼ばれタイ・ビルマ・マレーシア・インドなどに生息するアジア象です。 肌理が細かく輸入量が少ないので珍重されほとんど高級印材として消費されます。2つ目は主にアフリカ南部地域に生息するアフリカ象です。これらはアジア象と性質の似た「ソフト」と呼ばれる材質で印材として消費されます。3つ目はアフリカ中部地域に生息するアフリカ象から採取する「ハード」といわれる材料です。なぜ同じアフリカ象から異なった資質を持った象牙が生まれるのかは未だ解明されていませんが群れ単位で種類が分かれるところを見ると生息地の気候、摂取する食物以外に血統もあるのでしょう。

象牙原材料
ソフト材のほとんどが印材として使われハード材は古くから主に和楽器の材料として三味線のばち・駒・糸巻き・琴爪・琴柱・根付・箸などに使われてきました。根付・櫛にもハード材が使わています。これらのこ とから弦の振動を本体に伝える三味線の駒、琴柱と同じ役割を担うギターのサドル・ナットには古くから伝統的に使われているハード材を使うのが自然だと思います。
1989年国際法で輸出入禁止以来特例として日本に90トン輸入されたソフト材に対しハード材は24年間日本に輸入されていないため市場にはほとんど出てこない貴重な材料です。しかし原材料輸入商も営む弊 社では数に限りこそあれ素材確保していまのでご希望のサイズを明記の上お気軽にお問い合わせください。すぐにお見積もりいたします。
象牙いろいろ
象牙は大きな材料から切り出したばかりのものより経年を経て乾燥したものの方が間違いなく硬度は上がります。油脂抜きされた牛骨や樹脂と違い劣化し難いのでギターと共に成長を楽しめる素材といえます。サン ドペーパー・ヤスリなどで簡単に加工できる扱いやすい素材です。
このページの先頭へ
ギターパーツ
1928 年ピアノの象牙鍵盤の製造から創業を始めた弊社は国内は下より世界の名だたるピアノメーカーに象牙の鍵盤を製造輸出してきました。しかし1989 年 CITES国際条約会議で象牙の貿易禁止法が制定され海外への販売が困難になり製造を断念しざる負えなくなりました。ギターメーカーにとっても象牙を使ったパーツが使われている限り輸出できないのは同じ事でハイエンドモデルには現在象牙の代替品として TUSQ(人工象牙)が多く使われているようです。象の牙のことを英語でTUSK(タスク)と言いますが巧く名前をつけるものです。
あくまでサドルを作るための板材です。完成品ではありませんのでお間違いのないようにお願いします。お使いのサドルを送って高さを指定していただければサドル材プラス2,000円で完成品を製作いたします。クラシックギターのサドルやナットなどサイズをお知らせいただければ見積もりします。
ギター用品サドル各種
※サドルは注文を受けてからカットします。こだわる方は若干大きめのサイズを指定して、サンドペーパーなどでご自分で現物合わせすることをお勧めします。
ギターピックティアドロップ
ギターピック
象牙のピックは日本よりむしろ海外での歴史が古く魅力ある珍品としてギターマンドリンに使われてきました。欧米のオークションでは時折出品されアメリカには未だ象牙ピックを取り扱う業者が複数あります。日本では個人で作ることはあっても売られている業者はないと思います。そんな古い歴史を持つ象牙ピックを復刻してみました。自然素材のため素材に個体差があり弊社でも思考錯誤の段階で後日同じフィーリングのピックを求めることは難しいと思います。この商品は象牙ピックの質感性質をお試し頂くことを前提に作られているため仕様などお選びいただくことができないことをあらかじめご了承ください。 ギターピック
象牙ピックの長所はピッキングの強弱による音の表現力と豊かな音です。また弦から受ける振動がダイレクトに指先に伝わりギターを弾いている実感をより感じ取ることができます。象牙の欠点はしなりを出すのが難しくしなりを出すためには極力薄く作る必要がありソフトタイプの好きなストローク主体のプレイヤーには素材の性質上に向いていません。
自分で作るための象牙ギターピック板材
この材料は象牙鍵盤の製造過程で脱脂漂白を免れた鍵盤をピック材として流用したものです。そのため寸法が鍵盤の指当リ部分のサイズになっています。在庫限りとなりますが今では決して作ることのできない採算度外視の特別価格でご提供いたしますのでこれを機会にご自分に合った最高のピック作りにチャレンジしてみてください。ピアノになるはずだった材料が同じ楽器のために使われるのは何か感慨深いものを感じます。
※写真では判りづらいですが標準的なティアドロップ型より材料が若干小さいです。2枚取りの場合真ん中の切り白を小さくしないとピックのサイズに影響します。切り分けの際は極力薄く細目の糸鋸を使ってください。
ギター象牙ピック用板
ギター象牙ピック用板
自分で作るための象牙ギターピック板材お問い合わせ
ギターサドルは弊社直営ショップ アイボリークラシックから購入できます。